MGガンダムエピオンEW版の制作過程

ホビー
スポンサーリンク

自分好みのエピオンを作る!

今回は、MG 1/100 OZ-13MS ガンダムエピオン EW版を自分好みにアレンジして制作していきます。
ネットでいろいろ作例を検索してみたのですが、全然ない!エピオンって人気ないんですかね?
参考になる作品も見つからなかったので、カトキハジメ氏によりリファインされたアーリータイプっぽくカラーリングも派手に変更しました。
エピオンって機体のデザインは、カッコいいのに色が地味で目を引くモノが無いんですよね。カラーリングのダサさが全てを台無しにしている感じなので、もっと目立つようにカラーリングも変更!赤い主人公機っぽくしてみました。
改修は、全体にディテールを追加してウェスト部分を2mm程度延長したのみです。
今回苦労したのは、マスキング作業です。ほぼ全てのパーツに塗り分け作業があったので予想以上に時間が掛かりました。
色の塗り分けによる情報量アップのテストとしてやってみたので、無駄に細かい塗り分けしていますが、結果的にいい方向に仕上がったと思っています。

今回から塗装に使用するシンナーをスタジオ オクト様のONIラッカー系マルチシンナー「鬼極」H-EXにしています。
このシンナー、すごいです!使ってみると分かるのですが塗装した面の仕上がりが違います。そして速乾性に優れています。
マスキング塗装する際、僕は塗装寸前にマスキングして直ぐ塗装、塗装したら直ぐにマスキング剥がします。
この方法には、自分なりに理由があって、苦手なマスキング作業ミスの緩和と修正をスムーズにしたいからです。
複雑なマスキングって時間が経つと浮いてくるんですよね。貼って直ぐならテープも定着しているので塗料が隙間に侵入することもなくなります。直ぐに剥がせばミスも確認できるので、即修正できます。
ここで、この速乾性が役立ちます。直ぐ乾くので、直ぐに再度マスキングして塗装作業できるんです。
今までは、乾くまで放置してからの修正だったのが放置時間無しで作業できるようになりました。
これは、塗装時に埃が入ってしまった時も役立ちます。塗装後直ぐ埃を取って塗り直せるんです。
このシンナーに変更してから塗装作業がスムーズになりました。
みなさんも一度試してみてはどうでしょうか?
スポンサーリンク

カラーレシピ

ホワイト:Finisher’s ファンデーションホワイト
グレー:Finisher’s ファンデーショングレー
イエロー:Finisher’s レモンイエロー
ブラック1:Finisher’s ウエストブラック
ブラック2:Finisher’s カーボンブラックマット
レッド1:Finisher’s ディープレッド
レッド2:クレオス GX215 Mr.メタリックカラーGX GXメタルブラッディレッド
シルバー:Finisher’s CLKシルバー
ゴールド:Finisher’s ナイトゴールド(Knight Gold)
ガンメタル:Finisher’s ライトガンメタル
下地:ガイアノーツ サーフェイサーエヴォブラックとピンク
トップコート1:クレオス GX100 Mr.カラーGX スーパークリアーIII 光沢
トップコート2:クレオス GX114 Mr.カラー GXシリーズ スーパースムースクリアー つや消し+ガイアノーツEx-10 Ex-フラットクリアー プレミアム

頭部

ガンダムエピオン

胴体

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

バックパックと武器

バックパック作成時の注意点

ガンダムエピオン

説明書の完成品見本との比較

ガンダムエピオン
完成品ギャラリーはこちら

プレミアム バンダイ


ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ